2017年1月14日土曜日

JAF中部モータースポーツ表彰式

大寒波に見舞われた日本列島。

雪がしんしんと降る中、鈴鹿サーキットホテルで中部モータースポーツ表彰式が開催された。今年は波乱万丈の一年であったがアールエスタケダからは多くの選手が上位入賞を果たし、この栄えあるステージに上がることを許された。


左から 小林剛 渡辺庸仁 石原裕也 辻寛司 山田崇之 川島健司

2014年に全日本ジムカーナチャンピオンを獲得した石原裕也選手は2015年に全日本ラリーへ参戦を開始し、2016年には武者修行として中部ラリー選手権に参戦。一から学ぶつもりで挑んだシリーズで見事優勝を決めた石原はさすがとしか言いようがない。



同じく、コ・ドライバーとしてともにシリーズを戦った小林剛選手にもシリーズチャンピオンのトロフィーが渡された。ラリーは二人三脚の競技。小林のアシストなくしては得られなかったであろう最高のリザルトを心から噛みしめたい。



石原と同じJN4/5クラスを戦った辻寛司選手とコ・ドライバーの川島健司選手もシリーズ5位の表彰を受けた。度重なるリタイヤに悩まされたシーズンとなったがこの場に立てたことで両選手とも少しホッとしたのではないだろうか。

中部ジムカーナ選手権ではサポートドライバーの山田崇之選手がPN1クラスシリーズ3位を獲得。BRZでシリーズを戦った渡辺庸仁選手も表彰式に参加することができた。


渡辺庸仁    山田崇之

一年の努力が報われ、こうして多くのチームメイトが名誉ある式典に参加させていただけたことを今日は心から感謝します。選手の皆さんお疲れさまでした、そしてありがとうございました。




 2016Team Supporters






RS.TAKEDA Rally Team Japan2016
RS.TAKEDA Gymkhana Team Japan2016





2016年12月26日月曜日

ゆく年くる年。 TEAM RS.TAKEDA


あっという間に一年が過ぎ、今年も暮れようとしています。

今年はジムカーナチャンピオンの石原裕也選手がラリー選手として初めてシリーズチャンピオンを獲得したことや、村瀬選手の国内ラリー参戦再開などが思い出されます。


中部ラリー選手権シリーズ王者の石原裕也選手

ジムカーナ全日本選手権では深川敬暢選手の名阪スポーツランドでの2位入賞は一つの通過点でもあり、この先への道しるべにもなる大きな出来事でした。


深川敬暢選手
旧車のセリカでシリーズを通してトヨタガズーレーシングラリーチャレンジに参戦した池田みき選手はシリーズ3位のポジションを獲得し、自身の今年の目標を達成しました。来シーズンも引き続きシリーズに挑戦しさらに上を目指します。


池田みき選手とトヨタガズーレーシングラリーチャレンジ仲間

中部ジムカーナ選手権に参戦する山田崇之選手は今シーズン2回の優勝を果たし好成績でシリーズを終えることができました。来シーズンはまさに勝負の年。頂点を目指して頑張ってほしいです。


山田崇之選手

アールエスタケダの忘年会は参戦報告と決意表明の場。

一年を戦った選手が「これまで」と「これから」を語る大切な場所であり、多くのお客様がその話を聞いてくれています。そして選手たちはそれを次の年への活力にしていきます。



どんな一年になるのかではなく、どんな一年にしていくのかが大切。そしてそれはみんなの思いが作り上げていくものなのだと思っています。

2017年もみんなのステキな思いを集めた、ステキな年にしましょうね。







アールエスタケダは12/28~1/5までお休みです。




2016年12月5日月曜日

スノーミーティングの募集を開始しました。 DIREZZA SNOW MEETING2017


今シーズンのディレッツアスノーミーティングの参加募集を開始しました。

非日常的な氷上での走行体験は実にエキサイティング!スタッドレスタイヤを装着したクルマがあればどなたでも参加していただけます。



お友達と一台の車で一緒に参加していただいてもOK。前日に宿泊してゆっくりスノーミーティングを楽しむ宿泊パックもご用意しています。



ぜひ一度楽しい氷上の体験にお越しください。

詳しい情報はアールエスタケダのホームページからご覧いただけます。








2016年12月2日金曜日

究極のエナペタルダンパー。


世界のモータースポーツ界で圧倒的なパフォーマンスを発揮するビルシュタインMDS。

ニュルブルリンク24時間耐久レースを制したアウディR8にも装着され、多くのレースシーンにおいて勝利の方程式として定着しつつある。

安定した減衰力を生むモータースポーツ専用ビルシュタインダンパーに伸び側、縮み側を独立してコントロールできる調整機構をインストール。その高い性能とユーザーのリクエストにリアルタイムに応えるシステムが多くのトップドライバーに支持されている。


ビルシュタインの誇るMDS(Modular Damper System)を日本のエナペタル社がそれぞれのマシンとドライバーに合わせてモディファイして提供するのが「e-spec」だ。


アールエスタケダは、究極のエナペタルダンパーともいえるこのサスペンションを全日本選手権に投入して勝利を目指す。











2016年11月26日土曜日

ディレッツアサーキットミーティング20161119画像公開中!


大変お待たせしました!

11月19日にモーターランドスズカで開催された「ディレッツアサーキットミーティング2016 Rd.3」の参加者限定アルバムを公開中です。



アルバムでは光崎フォトサービスの光崎満カメラマンによる迫力満点の写真を数多くご覧いただけます。

当日会場で発表した「あの」パスワードをご入力いただきどうぞお楽しみください。











お願い

※このアルバムは11月19日の走行会に参加された方への限定公開アルバムです。一般の方はご覧いただけません、ご容赦ください。

※アップされているすべての画像には著作権があります。個人的な利用以外へのご利用を希望される場合はアールエスタケダまで必ずご一報ください。

個人的利用の範囲:自らの管理するSNS等への一次使用・専ら個人的な目的をもって使用する印刷物への利用(年賀状等)

※自分の車両以外の写真を使用される場合は、ご本人の許可を得てからご使用ください。

※写真を個人的に使用する場合は以下のキャプションまたは同じ内容の説明を記事内または写真内に入れてください。

撮影:光崎フォトサービス